月刊TRPG.NET(webzine)

月刊TRPG.NET(webzine)

RSS 2.0

新人の洗脳方法!!

 はい、春です。
 サークルに新人が入ってくる季節です。
 では、新人をTRPGに染め上げて、TRPG無しには生きていけない身体にしなければなりません(何故だという疑問を持ってはいけません)。
 では、どうしたらいいんでしょうか?

1.新人の趣味を調査

 はっきり分かっていることがあります。
 趣味じゃないものをやっても、面白くありません。
 ということで、新人の趣味の調査です。
 その方法は、2つ

 1つは、いろいろなシステムをやらせること。
 その時は、いろんなジャンルで、なるべくいろいろなGMでやらせましょう。
 その際、絶版や日本語じゃないシステムはやめましょう。
 理由は、簡単です。
 手に入れることが困難だったり、ゲームをやる前に、(全てではありませんが)翻訳するという手間が余分にかかるからです。

 もう1つは、世間話で、趣味を聞き出すこと。
 食事などをしながら、いろいろな世間話をしましょう。いろいろな趣味の話をしながらの食事は楽しいものです。
 その際、新人におごってあげるのも、先輩としての義務であり、将来への投資なのです

2.洗脳するシステムの決定

 新人の趣味が判明したら、それに基づいて、洗脳するシステムを決定しましょう。
 一番優先すべきなのは、もちろん、当の本人である新人の意志です。
 やりたいと言ったシステムをやらせましょう

 では、システムを決まったら、そのシステムのルールブック・サプリ一式を貸してあげましょう。
 あげても、格安で売ってあげてもいいでしょう。
 そんな金がない?
 ダメです。ここで、ケチってはいけません。
 これも、将来への投資なのです。

3.キャンペーン

 キャンペーンをやりましょう。
 実践に勝るものはありません。
 ちゃんとしたキャンペーンじゃなくてもいいです。
 途中でキャラクターが変わってもいいです。それどころか、変わった方がいいです。
 キャンペーンをすすめていけば、そのシステムのルール部分の理解が深まり、自分なりのキャラクターの最適化を行うからです。
 どんどんやらせましょう。

 GMも、どんど換えましょう。
 出来るのなら、新人以外をベテランで揃え、そのベテランによるGMの持ち回りをした方がいいでしょう。
 いろいろなGMでやることによって、GMそれぞれのマスタリングを観ることができます。
 また、プレイヤーの構成が変わることによって、プレイヤーの役割分担の変化を体験できることも重要です。
 他のプレイヤーの行動や、マスタリングの長所短所を見せることによって、いいところを見習い、悪いところを改めることが出来ます。

 そのためにも、長所短所を浮き上がらせるため、セッション後の反省会は、やりましょう。他者からの意見というのは、重要です。だからこそ、食事をしながらでもいいから、やりましょう。もちろん、いいところを誉めることを忘れずにしましょう。
 反省会をやることと共に、このキャンペーンで、もっとも重要なことは、定期的に、継続して行うことです。
 継続は力なりです。

4.GM

 新人の初GMは、前述のキャンペーンの一環でやりましょう。
 プレイヤーの癖を把握しているからです。

 シナリオやマスタリングは、好きなようにやらせましょう。
 どんな失敗があっても、セッションの時は、文句は言わず、協力してあげましょう。
 問題点は、セッションが終わってから、反省会で言ってあげるのです。
 そのときは、誉めることを忘れないように。
 そして、徐々に他のプレイヤーを入れたセッションを行っていきましょう。
 そうすれば、もう、一人前のTRPGamerでしょう。

5.最後に

 新人を洗脳するには、手間とお金が必要です。
 そして、1人ではできません。
 最低でも、サークル全体に、新人を洗脳しようという雰囲気は作らないとダメです。

 そこまでして、新人を洗脳するのは、サークルという遊ぶ場を維持するためです。
 常に、新人を入れて、代謝を進めないと、そのサークルは、近いうちに、消滅します。
 ですから、みなさんも、新人を洗脳しましょう!!

■しょうちゃんのお部屋
http://www.showchan.net/

こいちゃん
とある時期に空を泳ぐ魚。 風があると嬉しくなる。少量なら雨にあたるのも好きかも。 って、何でこっちに向けたホースをもって蛇口をひねろうとしてるの!? ・・・よろしくおねがいします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)