月刊TRPG.NET(webzine)

月刊TRPG.NET(webzine)

RSS 2.0

シナリオ「日シナの理緒ちゃん」25

1.

バイクショップの喫茶スペース。明るい店内、背景に数台のバイクが見える。

 敬之「ぼく、バイク用品の開発が趣味なんです」
  蛍「創造的なのね」
 理緒「バイクのほうをいじったりとかも、やるんですか」
 敬之「いや、メカのほうはちょっと苦手でねえ」

2.

 敬之「ほら、これはバイザーに双眼鏡を内蔵しているんだ。走行中でもちょっと遠くが確認できる。便利でしょ」

オフロード用の、ひさしの付いたヘルメットを持ちだす敬之。

 理緒「それ、太陽のほうに顔を向けたら、目がレンズで焼けないかな」

答える理緒。ふきだしの中に図を描く。

図(ヘルメットを被った男の頭部。顔を向けた方向に太陽があり、太陽光線がレンズを通って目に焦点を結んでいる)

3.

  蛍「あ、元気出して」

沈み込む敬之。

 敬之「アイデアには自信があったのに、こんな落とし穴があったなんて……」
 理緒「アイデアの問題点を洗い出すコツを学びたいなら『日シナのマスタリング講座』がお勧めよ」

4.

 敬之「…………マスタリング講座?」
 理緒「そう、60年の実績を誇る日シナのマスタリング講座は、経験豊富な先生方が、完成したと思った作品を再確認するための要点を、事細かに、でも余す所なく伝授してくださるのよ」

5.

 理緒「バインダー式のテキストと、実用新案のマスタリング練習機を使うと、既に形作られているアイデアの検討が容易になるだけでなく」
  蛍「ゼロから新しいアイデアを産み出すためにも使えそうね」
 敬之「……ふーん」

6.

 理緒「1日20分の練習を続けるだけで、シナリオ検定にも楽々合格。シナリオ1級の合格者の9割以上が、日シナの出身なのよ」
  蛍「毎日の繰り返しが結構大事なのは、私も知っていたけど……」
 敬之「日ごろから些細なアイデアでも出しつづけていけば、いつかは成果に繋がるわけか」

7.

姿勢を正す敬之。

 敬之「うん、なんだか立ち直れそうな気がする」
  蛍「それは良かったね」
 敬之「早速、また新しい発明のアイデアが浮かんだりしたぞ」
 理緒「ふーん、どんなの?」

8.

 敬之「バイク用エアバッグ内蔵スーツ。転倒時にツナギがガス圧で大きく膨らんで着地の衝撃を緩和、安全が確保されるまでの間、膨らんだままで安定する」
  蛍「『マグマダイバー』みたいな」
 理緒「でもそれ、川とかに落ちて、頭が下になったら大変なことになるね」

答える理緒。ふきだしの中に図を描く。

図(大きく膨らんだツナギを着て、逆立ち状態の男性。ヘルメットの部分は水面を示す線より下になっている)

9.

 敬之「…………」

落ちこむ敬之。

  蛍「そんなふうに、即座にずけずけっと言うのも『マスタリング講座』で学んだ事なの?」
 理緒「これは性分よ」

こいちゃん
とある時期に空を泳ぐ魚。 風があると嬉しくなる。少量なら雨にあたるのも好きかも。 って、何でこっちに向けたホースをもって蛇口をひねろうとしてるの!? ・・・よろしくおねがいします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)